アキレス腱断裂の治療と手術方法について

1.アキレス腱とは

 アキレス腱は,腓腹筋とヒラメ筋から構成されており,長さ15~20cm,厚さ6mmで人体中最大で最強の腱で計算上は約1トンの荷重に耐えられるといわれています.アキレス腱は踵骨(踵骨隆起)に停止しており,起立・歩行などの運動に際して緊張と弛緩を繰り返し,疾走や跳躍をする場合により大きな張力がかかるといわれています.

​ アキレス腱はパラテノンと呼ばれる結合組織に覆われており(下図青色部分),アキレス腱はこのパラテノンから血液供給が行われています.またアキレス腱には付着部から2~6㎝において血流が乏しくなる部分が存在し,この部分でのアキレス腱断裂もみられることから,血行不良とアキレス腱が断裂しやすいという脆弱が関係しているとも言われています.

2.アキレス腱断裂について


①受傷機転

 若年者ではスポーツ中での受傷が多く,高齢層では日常生活中での受傷が多い.アキレス腱への強い伸張と下腿三頭筋の収縮が同時に起こることで発生します.(特に膝関節伸展位での足関節背屈ストレス)例えば剣道やバドミントンでの踏み込み時や,ダッシュ時の蹴り出し時などです.アキレス腱を断裂した人に聞くtと断裂した瞬間に『バンッ』という大きい音が鳴った,誰かに足を蹴られた,ボールを当てられたといった言葉をよく耳にします.

 220名を対象とした研究では,ジャンプ動作34.5%・蹴り出し29.5%・足関節背屈強制21.8%・直接的なアキレス腱の強打0.9%であり,51.3%が足関節背屈での受傷であったとされます.

 ラケット競技や球技での受傷が多く,種目としては,バトミントン・テニス・バレーボール・サッカー・バスケットベールなどの競技での発生頻度が高いといわれています.発生頻度は諸国により異なっています. 


②好発年齢

 アキレス腱断裂の好発年齢は30~40歳代であり,50歳以上の年齢層にもややピークがあるとされます.30~40代では主にスポーツでの傷害が多く,50歳では日常生活活動中での受傷が多いとされています.

➂性別

 アキレス腱断裂の男女比に大きな差はないという報告や男性に多い傾向にあるという報告がみられています.女性1として男性最大6とする報告もあります.

④発生数

 アキレス腱断裂の発生数は欧米の研究では人口10万人あたり6.3~41人と国や地域で異なり,発生数は増加傾向にあるとされています.

 

⑤アキレス腱断裂の危険因子

 アキレス腱断裂の危険因子としては年齢,性別,アキレス腱の変性(弱くなっている)やステロイド単独または抗菌薬(fluoroquinolone,ciprofloxacin)との併用があげられています.

 アキレス腱変性によりアキレス腱障害と診断された人の約4%は最終的にアキレス腱断裂を生じたとの報告されており注意しておく必要があります.またこれらの報告ではアキレス腱断裂になった人は30~50代が最も多く,男性で多かったとされています.Yasui Y, Tonogai I, Rosenbaum AJ, Shimozono Y, Kawano H, Kennedy JG. The Risk of Achilles Tendon Rupture in the Patients with Achilles Tendinopathy: Healthcare Database Analysis in the United States. Biomed Res Int. 2017;2017:7021862.

 アキレス腱断裂の多くはアキレス腱に組織的な退行変性が生じており,アキレス腱は肥厚し,腱の強度が弱くなっている可能性があります.退行変性はアキレス腱断裂前から生じておりアキレス腱周囲に痛みがあるなどの症状(アキレス腱炎)がある場合には特に注意が必要です.アキレス腱炎の原因として,トレーニングの急激な変化やトレーニング量・負荷の増加,疲労の蓄積などが挙げられています.またアキレス腱炎は男性に発生率が高く,年齢が高くなるほどその発生リスクは高くなると言われています.

 またアキレス腱炎を生じている人は中性脂肪が高いことも報告されています.アキレス腱断裂を生じた人tの83%に脂質異常症(高脂血症)を認めたとの報告もあります.脂質異常症がアキレス腱断裂の危険因子と断定はされてはいませんが,一つのトリガーである可能性が考えられます.

 若い時にスポーツをしていてしばらくスポーツから離れていて子供さん運動会(リレーなど)や子育てが落ち着いてスポーツ活動を再開したときなどは,運動イメージと体の反応にギャップがあり,筋に負荷がかかりすぎるため筋・腱断裂を誘発する可能性があるため注意しておく必要があります.

 

⑥アキレス腱断裂の症状

 アキレス腱断裂後は出血のため足関節に腫脹(腫れ)がでてきます.断裂時の痛みはあるのもの歩行が困難になるほどの痛みはでないことがほとんどです.しかし,アキレス腱が切れているためつま先立ちが困難になり,歩くときに床を蹴ることができないために早く歩いたり,走ることが困難になります.

⑦アキレス腱断裂の診断

 アキレス腱断裂の臨床的判別にはトンプソンテストが用いられ陽性となるケースがほとんどです.また断裂部の陥没(へこみ)も触診することでより断裂の可能性が高まります.

 

 画像診断はレントゲンでは断裂した腱の状態はわからないので,MRIを用いて確定診断を行っています.

 

⑧アキレス腱断裂を放置するとどうなるか?

 アキレス腱が断裂したまま放置すると断裂した部分が短縮し組織が瘢痕化します.切れたアキレス腱は離れ離れになるためそのまま放置しておいても治癒されることはありません.下腿三頭筋(ふくらはぎの筋肉)が機能しなくなるため筋萎縮(筋肉がやせ細ること)がみられるようになります.そのため走ることや早歩き,スポーツなどを行うことが困難になります.歩行も跛行(異常な歩行)がみられるため歩きにくくなります.長期間放置することにより足首や足の指に可動域制限を生じる可能性があります.

 また放置期間が長ければ長いほど断裂した部分が離れたり,断裂部が変性するため手術のときに支障をきたします.アキレス腱断裂は断裂から早い期間で手術をすることが重要です.

 

3.アキレス腱断裂の治療方法について

​①アキレス腱断裂の保存療法

 手術をすることが第一選択ですがギプス固定で切れたアキレス腱を近づけた状態で固定することで断裂し部分が修復されることがあります.手術をせずに治療する場合は断裂後は5日~7日以内で治療を開始する必要があります.(病的断裂・陳旧性断裂例は除く)期間が長くなると保存療法での治癒はさらに困難になります.

 一般的な保存治療は足関節最大底屈位でのギプス固定を免荷で約2週間行い,その後3週目から底屈約30°のギプス固定で軽い部分荷重を行います.

 その後約5週間目からは軽度底屈位でヒール付きギプス固定を行い,全荷重での歩行が可能となります.7,8週目からは短下肢装具に切り替えての全荷重歩行を行います.このように2か月間はギプスで固定されるため日常生活で不便を強いられます.

 また保存治療で一番危惧されることは再断裂であり,発生率は約10%とされギプスまたは装具除去後1カ月以内(受傷後2~3ヶ月)が一番危ないとされています.また4ヵ月半を経過すると再断裂の危惧は少なくなることも言われているため,治療は長期間に及びます.健側(正常な脚)と同等の硬さになるには7か月かかり,

この頃になるとスポーツ活動が行える腱強度になりますがパフォーマンス的に完全復帰はまだ困難になります.

このように保存療法による治療は長期固定による筋力低下や再断裂発生の高さ(手術した場合の約2倍),スポーツ活動時期の遅延などがデメリットになります.手術の場合は早期のリハビリテーションが可能になりスポーツ復帰も保存療法に比べ早く,半年で復帰が可能にあるケースもあります.そのため当院では手術療法を第一選択として治療を行っています

②アキレス腱断裂の手術療法

 川田整形外科でのアキレス腱手術の方法としては皮下及びパラテノンを切開し,縫合するといった手順になります.アキレス腱の断端が瘢痕している場合などは縫合を行いやすい状態に処置をします.縫合はKessler法(ケスラー)やBunnel法(バネル)などを用います.アキレス腱の状態によって縫合法が変わり,必要に応じて補助縫合をして強度を高めます.

​③アキレス腱手術後の装具装着期間について

 手術後ギプスシーネにて免荷を行い,数日後にブーツ型短下肢装具が届き次第装着を行います.ブーツ装着後はつま先接地を行い,1週間後から1/3部分荷重を行っていきます.2週間で全荷重歩行を行っていきます.アキレス腱の状態によって荷重時期を変更することもあります.その後1週間ごとにブーツの踵にある補高を1枚ずつ抜いて徐々に足関節を底屈位から中間位に角度を変更していきます.これは徐々に中間位にすることで縫合部のストレスを軽減していくためです.

 5週目から裸足での歩行訓練を開始します.日常生活ではまだブーツを装着します.6週目になると主治医の診察で許可が下りれば装具除去での日常生活が開始となります.アキレス腱の再断裂は10週以内に起こりやすいとされているため装具除去後1週間は特に転倒や踏み外しなどに注意して日常生活を送る必要があります.

アキレス腱の修復過程は術後4週以降に腱の癒合が行われ,6週以降に膠原繊維が増加し,正常な腱と類似した構造となり,8週以降に抗張力が急激に増加すると言われています.
術後リハビリにおいては,これらの修復過程を考慮して行われ,機能回復はもちろん,再断裂予防に重点をおいて治療を行っていきます.

④アキレス腱縫合術の入院期間について

 治療経過にもよりますが一般的には1週~2週前後の入院となる施設が多いです.当院では全荷重歩行が安定する3週間を目途に退院を行います.比較的早期に松葉杖歩行及び通常歩行が可能になる為重労働以外では早期の仕事復帰が可能になります.

 

⑤アキレス腱断裂術後のリハビリテーションについて 

アキレス腱断裂​術後のリハビリテーションの要点は以下の通りです.

1.筋腱長のコントロール(Elongation(伸びること)を起こさないように注意)を行う.
・術後17週(約4ヶ月)は縫合部でのElongationを生じる可能性ある
・術後24週(約6ヶ月)は縫合部以外でのElongationを生じる可能性がある


2.術部とその周囲の組織の癒着防止,滑走改善を行う.


3.足関節機能の改善(足関節底屈・背屈可動域,ヒールレイズ機能(つま先立ち))を行う.


4.歩行動作異常の改善を行う.
5.術後筋力(ピークトルク・持久力)低下の改善:健患比(正常な方の筋力との比率)76~89%を2年以上残存する傾向にあるとされているため,腱の状態が安定した後,
積極的な筋力トレーニングを行う.
6.再断裂の回避を行う:術後10週以内に起こりやすいと言われており,特に装具除去1週間は注意を要する.

入院リハビリテーション

術後翌日:足趾の筋力トレーニング,膝,股関節の患部外トレーニングなどを行います.また超音波や低周波などを用いて疼痛の緩和や組織の改善を行っていきます.足関節はまだ動かせないのでそれ以外の部分を動かしていきます.

癒着を起こしやすいポイントとして

1.術創部の皮膚や下腿筋膜間

2.縫合部と滑液鞘(パラテノン)間

3.腱付着部付近と脛骨の間にある組織(脂肪組織:kager’s fat pad,足趾屈筋群,滑液包)間など

が挙げられるためそれらの組織の滑走性を改善していきます.これらは安定した足関節機能を獲得するために基本継続していきます.

術後3~4日後:ブーツ型装具に変更して両松葉杖+つま先接地にて歩行を行います.

術後1週間後:体重の1/3から部分荷重を行います.

術後​2週間後:杖なしでの全荷重歩行を行います.膝屈曲位での足首の自動運動(自分で動かす運動)が開始になります.

術後3週間後:退院予定になります.膝を曲げた状態での下腿三頭筋の筋力トレーニングが開始になります.(足首にゴムバンドをひっかけて下に動かす運動や座った状態での踵上げなど)

ここからは外来リハビリテーションになります.

術後5週間後:裸足での歩行トレーニングを行います.日常生活ではまだブーツ装具を装着します.両脚のつま先立ちトレーニングが開始になります.自転車エルゴメーターが開始になります.歩行面ではまだうまく地面が蹴れない状態で,足を持ち上げた歩行になります.うまく歩けるようになるためにも踵上げやゴムバンドを使った下腿三頭筋のトレーニングを行いましょう.

術後6週間後:主治医の許可が下りれば装具除去になります.

術後8週間後:階段昇降トレーニングを開始します.これは手術した方を支持脚として昇る,降りるの訓練になります.それ以前は手術をしていない脚を支持脚として階段昇降を行ってください.その他には片脚の踵上げや,遠心性収縮を用いたトレーニングが開始になります.ウォーキングやスクワットもこの時期から開始になります.

術後10~12週間後(約3カ月):ジョギングが開始になります.安全にジョギングを行うためにも片脚での踵上げの高さが正常脚の半分以上可能であれば開始します.術後12週頃より両脚ジャンプなどの動作を行います.

 4ヵ月までの間は縫合部の組織が伸張するリスクがあるため,ストレスを掛け過ぎないようにしましょう.Elongationが起こると筋・腱組織が伸びすぎてしまい適度な伸張を保てず,足関節機能がうまく働かなくリスクがあります.またこの時期まで(術後10週)は再断裂のリスクが高いとされているため運動時や日常生活でも注意しましょう.術後10週を過ぎたからと言って再断裂が回避されたわけではありません.腱修復は3ヶ月で約50%,1年で80%という報告もあるため5,6ヵ月頃までは油断ができません.
 

術後5か月後:この時期になると片脚ジャンプ動作が開始になります.安全に行うためにも片脚踵上げが25回以上可能になれば行います.またターン動作や切り返しなどの各種動作を行っていきます.この頃からスポーツ動作訓練を徐々に行っていきます.

術後6ヵ月:各運動時に違和感がなくなり,足首の蹴り出しも問題なく行え,不安感などもなければ競技復帰になります.

⑥外来リハビリテーションの頻度

 目安として3ヶ月までは週1~2回、以後6ヶ月までは状態に合わせて頻度を調整しています。機能回復の程度やゴール設定には個人差があるため、各患者さんに合わせたリハビリテーションを進めていきます。

 通院期間は、4,5カ月までを1つの目安としています。日常生活を普通に暮らす場合には異常歩行がなくなり,下腿三頭筋の収縮が十分に得られるようになると終了になります.スポーツ復帰を希望されている方は,各種動作が安定して不安感なく行えるようになるまで行います.

​ アキレス腱断裂術後のリハビリテーションは術部の癒着や滑走不全により筋機能や可動域に制限をきたします.これらに対し十分に対応をしないと拘縮や硬さが残り,歩容の悪さや筋力低下などの機能不全を生じる可能性があるため,しっかりと外来リハビリテーションを行うことをおすすめします.

 

【当院への通院が難しい場合】

 遠方の方や仕事の都合などで当院への通院が難しい方は、医師より自宅近隣の病院、クリニックを紹介してもらうことも可能です。